立川で希望のマイホームを手に入れるために

HOME » はじめての一戸建て購入講座 » 注文住宅なら土地選びをマスターしよう

注文住宅なら土地選びをマスターしよう

住宅購入は一生のうちで最も大きな買い物のひとつです。どうせ家を持つなら、誰もが土地を買って好きな家を建てたいと考えることでしょう。
しかし、土地探しをするには、まずどうしたらいいのかわからないという人も多いと思います。
大金を払って土地を買ったのに、思い通りの土地ではなかった」ということにならないように、土地選びのポイントを紹介します。

上手な情報収集のコツは?

土地の情報は、新聞折り込みチラシ、不動産会社のホームページ、看板、インターネット物件検索サイトから得ることができます。

広告には魅力的な言葉だけ大きくな文字で、重要なことは小さな文字で書かれている場合が多いので注意が必要です。

インターネット物件検索サイトでは希望するエリアの物件を数多くみておおよその相場を知りましょう。
気になる物件を見つけても、すでに売れてしまっている物件が掲載されたままになっていることがあるので、販売会社や仲介会社のホームページなどから問い合わせてみましょう。

不動産会社の良い担当者と出会うために

不動産会社の担当者は色々な土地を紹介してくれます。
そして、土地について細かいやりとりを行いますので、良い不動産会社であるだけでなく、自分たちにあった良い担当者と出会うことも重要です。

良い担当者とは、迅速に、誠実に対応してくれる人です。
たとえば、値引きをしてほしいと言ったときに「無理です」と即答せず、「確認してみます」と言ってくれるのが良い担当者であるといえます。
不動産会社は売主ではなく仲介者なので、きちんと売主と交渉してくれるかどうかも重要なポイントなのです。
また、自分たちの希望や予算を、きちんと伝えることも大切です。

図面をよく確認する

土地の形状や物件情報などが掲載されている販売図面は隅々まで目を通し、疑問点があったら質問しましょう。
方位が悪い場合は、図面の上が北になっていない場合があります。

また、セットバック部分、斜面部分、旗竿敷地の竿部分など、家を建てられないところが面積にも含まれている事もあります
他にも、建築規制、計画道路の有無、事故物件であることなどが備考欄に小さい文字で書かれている場合があるので、よく注意して見逃さないようにしてください。