立川で希望のマイホームを手に入れるために

HOME » はじめての一戸建て購入講座

はじめての一戸建て購入講座

分譲住宅とマンションを比較すると、物件価格が同じ場合、管理費などが必要な分譲マンションのほうが高額になります。

一戸建て住宅の場合、マンションのような管理費などはかかりませんが、庭の手入れ、家の周りの掃除など自分でしなければなりません。
また、ゴミも多くの場合、決められた場所まで運ぶ必要があったり、掃除やゴミネットの管理なども持ち回りで行う必要があります。

同じ物件価格で比較した場合には、分譲マンションの場合と比較してどうしても不便な場所にしか建てることができないというもの、利便性という観点からはマイナスです。

またマンションの物件価格のほとんどの部分は建物で、土地の持分は少しです。
これに対し、一戸建て住宅の物件価格は「土地」の価格が多くを占めているので、資産性は高く、年数が経過した場合、価値があるのは一戸建てでしょう。

子供がいる場合、庭付きの一戸建てなら、お庭で遊んだりできるなど環境面においてのメリットがあります

一戸建てにも分譲マンションにもメリットとデメリットがあります。ライフスタイルやさまざまな事情なども考慮し、あこがれのマイホームをゲットしてください。

ここでは、一戸建てを検討されている方に中古と新築物件の場合、どちらが得なのかということ、分譲住宅を探す際のチェックポイント、注文住宅を建てようと思われている方に、売り地となっている土地選びのコツを紹介しています。
マンションではなく、やっぱり戸建てでしょ!と思っている方は、ぜひ参考にしてください。